上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、私用車の自動車税金額は、前年比10%upとなってしまいました。
エコロジー的な概念があまり無かった頃の年式である為仕方ありません。
納付期限の明日、支払いに行きます・・・
スポンサーサイト
2009.05.30 久々の姫路

昨日とある同級生と共に、中小企業向けの勉強会を受講する為、姫路市へ行ってきました。
画像は懇親会の様子ですが、勉強会、懇親会通じていいお話が聞け、良い刺激になり、良かったと思います。
私は3年前まで姫路の近所に住んでいた為、先輩方の播州訛りがとても懐かしく感じ、初対面でしたがとても親近感がわき、大いに盛り上がりました。
というかこの芋ロックのグラスと量、一般的にどうなんでしょう?
(播州特有の?)体育会系のサービス精神でしょうか・・・
2009.05.29
5_29b.jpg
当店近くの水田も稲を植え始め、いよいよ本格的に農耕シーズンが始まろうとしている兵庫県北部です。
ここ1週間の気候も曇りがちで、これからは雨も多くなるのでしょう。
農耕車輌の作業依頼、お待ちしております m(_ _)m
2009.05.26 RETREAD

モノの製造に関して、環境に対する意識が年々高まっていますが、実はタイヤ製造においては結構前から資源の有効利用を実践しているメーカーが数多く存在します。
画像は一見使用済みのタイヤ(大型ダンプ用)ですが、こちらはそのまま廃棄するのではなく、一度メーカーに送り返してからトレッド面(タイヤ溝のある箇所)をあらたに張り付け、リトレッドタイヤとして再出荷、再利用されます。
リトレッドタイヤの製造にあたっては、サイド部分やトレッドベースの製造が省ける為、使用材の消費は新品対比32%(ブリヂストン公表値)と68%の省資源効果があり、なおかつ新品のタイヤより価格が控えめというメリットもある為、走行距離の多い運送屋さんや悪路を走る事の多い土建屋さん等実際にご使用になっているお客様も多数おられます。
ただし、構造上の問題で、ハンドル操作によりトレッド面をこじるフロントタイヤへの装着は危険である為(トレッド面が剥がれる危険性あり)、ローテーションの際には注意が必要ですが、上手くご使用いただければかなりのランニングコスト削減につながります。
以前と比べてリトレッドタイヤの信頼性も大きく向上しておりますので、「再生タイヤは・・・」と敬遠されていた方も、一度お試しになられてはいかがでしょうか。
2009.05.24 funtime



5-24b.jpg


5-24c.jpg

昨晩友人宅にて久々のBBQを行いました。
お花見が企画倒れになった為、その代わりの集まりでしたが、やはり屋外での飲食はひと味違い、楽しく過ごせました。
T夫妻、場所、食材提供ご苦労様でした。懲りずにまたやりましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。