上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.28 2010年版


2010年も始まりから半月以上が過ぎ、各代理店から2010年版のカスタムパーツカタログが着々と届いています。

きたる春商戦を見据えて、各メーカーとも魅力的な新商品(主にホイール)がリリースされているようで、何度かブログ内で紹介しているホイールメーカー、WORKからはVS、CNOSISシリーズ等、wedsからはkranze、MAVERICKシリーズ等からNEWモデルがラインナップに追加されています。


各セールス共、サンプル未持参でしたので(笑)現物を画像に収める機会があれば、追って紹介いたします。
スポンサーサイト


先日少しだけ紹介させていただいたBSの新製品、「ecopia EX10」が当店に初入荷いたしました。
これまでのBSタイヤラインナップをご存知の方なら名称にてお気付きになるでしょうが、EX10の前身モデルは「BスタイルEX」、つまり、これまであったベーシックブランド・Bシリーズのセールスポイントであるウェットグリップ、お求め易い価格をそのままに、エコロジーブランド・ecopiaの1商品として、低燃費性能を追求したニューモデルへと生まれ変わっています。


ecopiaブランド各モデルの位置付けとしては、以前から販売している「ecopia EP100」がエコプレミアム(低燃費性能重視)、新製品の「ecopia EX10」がエコスタンダード(販売価格重視)と、お客様のニーズにあわせて2ラインナップから選べるようになりました。

特徴について補足しておくと、EP100はコンパウンド成分にカーボンを分散配置することにより発熱を極力押さえ、転がり抵抗を低減していますが、EX10ではカーボン→シリカへと使用する成分を変更し、(メーカー発表値で)転がり抵抗ではEP100に若干劣るものの、ウェットグリップではむしろ凌ぐ数値を示しており、単純にタイヤ単価だけでなく、雨の日の信頼性でもニーズにお答えできそうな商品に仕上がっています。
また、接地形状をラウンドタイプ(丸型)からスクエアタイプ(台形型)へと変更したり、BスタイルEXから継承したコンパクトカー専用パタンで偏磨耗(外チビ等)抑制にも気を配っていて、「永く使える・使い切れる」Bシリーズの美点もしっかり引き継いでいます。


お買い上げ時の出費、燃料代を控えめにしてくれる、魅力的なタイヤの発売となりました。

春には新しいecopiaで、新鮮且つエコロジーなドライブをお手伝いできれば、嬉しくおもいます。


2010.01.17 寒空ライダー


今日は天気としては気持ちのいい晴れの日でしたが、相変わらず気温は上がらず、冬日だった豊岡市内です。




が・・・パーカー1枚羽織り、CB1300で当店にやってきたオトコは・・・残念ながら?私の同級生でした(爆)

恐らく体感気温は氷点下の可能性が高いはずですが、来店した直後もストーブにすらあたる素振りはなく・・・

ここのところうすうす、というか常々感じておりますが、本当に超人・・・もしくは妖○人間なのかもしれませぬ・・・
2010.01.16 音質UP!


今日はパナソニック製高性能バッテリーの「ブルーバッテリー caos(カオス)」を紹介します。

一般的にバッテリーの性能・サイズ表記は○○_(←アルファベット)○○となっており、首尾の○○には何れも2桁の数字が入ります。
そのうち最初の○○が性能ランクの表記になりますが、caosバッテリーはこの数値が業界最高ランクとなります。
通常バッテリーの電力容量はサイズと比例しており(末尾の○○がサイズ表記)、サイズが大きくなれば自ずと性能ランクの数値も大きくなりますが、caosバッテリーの性能ランクは他製品の1サイズ大きなモノと同等か、それ以上の容量を誇ります。


このパフォーマンスの秘密はバッテリー内部の電極板を新開発したことが功を奏しているようで、電極板のスリム化→多枚内蔵による大容量化や、腐食の少ないシルバーコーティングの採用によって長寿命実現をもたらしています。
長寿命に関しては自信のあらわれか、異例に長い製品保障期間を設定しており、期間は3年、もしくは10万キロ!(どちらか早いほう)という強気の設定となっています。

電力の大容量化は始動性向上だけでなく、オーディオの音質向上までもたらし、各カーオーディオ専門誌にも紹介されるなど、専門家の評価も上々です。
オーディオに拘るカスタム派にも一押しできる珍しいセールスポイントを持ったcaosバッテリー、激しくお勧めいたします!
金額等に関しては、お気軽にお問い合わせくださいませ。
2010.01.15 Kizashi


今日集金に伺った得意先にて、以前から少し気になっていたクルマのカタログを発見したので、1部頂いてきました。
クルマはSUZUKI社製のミドルサルーン「Kizashi(キザシ)」といい、日本国内では完全受注販売の欧州・北米向けモデルで、現時点でSUVを除くSUZUKIのラインナップでは、ボディサイズ・排気量ともに最大の車格となります。

コンセプトモデルは07年のフランクフルトモーターショーにて発表されており、名前に関しては記憶に留めつつもそれ程気にしていませんでしたが、受注販売というマニア心をくすぐる(笑)販売網や、雑誌にて高評価の試乗記を読んだことから徐々に関心が湧き始め、もとより最近のSUZUKIプロダクト(SWIFT、SX4等)の乗り味の良さには感心している身である所以、スペック等色々収集しております。


日本国内ではSUZUKIといえば軽自動車のイメージが圧倒的に色濃いですが、軽自動車規格のない欧米ではSUZUKIは高性能モーターサイクルのメーカーとして広く認知されており、ご当地でのSWIFT等の高評価も相まって、「走りのSUZUKI」なカンジのブランドイメージを構築&本格的に欧米市場を見据えた車種展開に乗り出すきっかけを担うモデルになるのでは、と勝手に想像しています。
実際、開発には相当本腰を入れており、各国のサーキット、公道を現在主流のコンピューターシュミュレートでなく、ドライバー&実車による実走にて開発・熟成を進めたようで、「人間の感覚、感性にどう響くか」に重きを置いたモデルであるとカタログでは謳っています。


普段あまり評判を信じず、実際の試乗(に加えて整備性)を以って好みかどうかを模索する事の多い私ですが、このクルマのコンセプトには既にヤラれている感があります。

(販売体制もあって)試乗はいつのことになるやら解りませんが(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。