上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のブログでお伝えしたとおり、今日はブリヂストンより2月に発売される「ecopia PZ-Xシリーズ」を簡単に紹介しようとおもいます。

2012011101_04.gif

いきなりテクニカルな画像&説明で恐縮ですが(汗)、ecopia PZ-Xのパタンデザインはこんなカンジ・・・詳しい方ならタイヤのネーミングでお気付きでしょうが、実はこの新製品、これまでブリヂストンが展開してきた2つのブランド「Playz」、「ecopia」のいいとこどりな商品、おおづかみに言えばそうなるでしょう。

すなわち、Playzシリーズの一番の特徴であったファン&フラットなハンドリング=「らく」、という動力性能的な長所に、ecopiaシリーズのローエミッション(低燃費=環境性能)を両立させたモデル、ということになります。

確かに画像で見ると、ecopia PZ-Xのパタンは以前のモデルであるPlayz PZ-Xによく似たIN⇔OUT非対称パタンであり、サイドウォールの形状も非対称構造と、Playzからのキャリーオーバーテクも多くあります。

・・・が、単に既存のecopiaコンパウンド流用成型で、この新製品が出来上がったわけではありません。

2012011101_05.gif

コンパウンドは、これまでのecopiaシリーズのものよりさらに低い転がり抵抗を実現しています。

これまでのecopiaコンパウンドは、タイヤのグリップ確保に欠かせない成分である「シリカ」という配合物の配列をキレイにし、摩擦発熱=エネルギーロスを極力抑えることで転がり抵抗を低減してきましたが、今回新技術により、シリカの粒子をより小さくすることが可能となり、シリカ表面積UP→冷却効率がさらに向上!といったNEWコンパウンドが開発されました。

そのコンパウンドを初めて搭載するのがecopia PZ-Xシリーズであり、現在ごく限られた製品、サイズでしか達成されていない低燃費規格最高レベル「転がり抵抗 AAA」を全95サイズ中、33サイズで達成しています(軽・コンパクト向け「PZ-XC」、ミニバン向け「PRV」を含んでの95サイズ)。


軽・コンパクト向け「PZ-XC」パタン
2012011101_07.gif


ミニバン向け「PRV」パタン
2012011101_11.gif

これまでのPlayzシリーズと同じく、クルマのカデコリ別に三者三様、それぞれウリが異なり、たくさんのドライバーに幅広く受け入れられそうな「守備範囲の広いタイヤ」ではないか、と私は捉えています。

2月になったら早速入荷、展示する予定ですので、ご興味をお持ちでしたら是非当店へお立ち寄りください。


スポンサーサイト
2012.01.16 2012年新年総会


昨日はブリヂストンタイヤショップ会の新年総会が開催されていた為、神戸のホテルオークラまで行ってまいりました。

例年通りなのですが、会場には今年上市する新製品が陳列されていて、我々ショップスタッフにとっても(実物の)NEWタイヤには、いつもこの日に触れることとなります。

今年は、これまでブログ内にて何度か紹介しているブランド、「ecopia」シリーズのNEWモデルが3パターン発表され、これまでの「EP100(S)」よりさらに魅力的なタイヤであると、昨日のメーカー発表にて感じることが出来ました。

明日の記事では発表されたNEWモデル、「ecopia PZ-X」、「PZ-XC」、「PRV」について、どのようなモデルであるかを私なりにご説明いたします。


2012.01.10 O/H


新年早々に、タイヤの組替えに使うチェンジャーが経年の疲労で破損した為、姫路の業者さんに来店いただいてオーバーホールして頂きました。

破損箇所はホイールを固定する爪の根元のボルトで、10数年の酷使の末、ポッキリと・・・(汗)

ボルト&関連パーツは新しくなりましたが、オーバーホールの間、要修理箇所が何点か見つかり、再び業者さんには足を運んでいただくこととなりそうですww

あ、現時点での不具合は機械が作動しない程のトラブルではないので、タイヤ交換業務は平常通り承ってますYO!!!

2012.01.08 brand


去年の暮れから「ブランディング」体験学習会なる講義を受講しています。

講義を受けるまでは私も殆ど聞いたことがない「ブランディング」という言葉ですが、前回の講義を受けた上でのイメージをお伝えすると、当店をお客様により魅力的に捉えて頂き、十二分な満足を提供させて頂く為に何をしていくのか・・・というような事を勉強していくコトではないか、と思っています。

来週には第2回目の講義があり、より具体的に「ブランディング」について考えてゆくこととなりますが、前回、講師の先生からある質問を受けて以来、私の中であらためて意識を強くしたあるクルマ・・・


「あなたにとってのコレ!というブランド、は?」

瞬間、頭に描いたのは「とあるクルマ」、それ以来、製作者の生い立ちやメーカー、そのクルマの歴史などを復習し、専門書や古い雑誌を引っ張り出してきて特集を再読したりと、深く再考しています。


そういえば、そのクルマに関しては、このブログ内で(ほぼ)書いたことのない気がします。

上手く纏められそうなら、機会をみて取り上げてみたいと思います。

2012.01.05 2012のはじまり


この年末年始はいつもより長くお休みを頂いていた為、かなり遅めのご挨拶となってしまいますが・・・

遅ればせながら、皆様、新年明けましておめでとうございます。


画像は昨日、京丹後市の出雲大社・巖分祠へ参拝したときの一枚。

実は今年になってから、陽の光を浴びたのは昨日が初めてという説・・・

今年の目標は、まず時差ボケ解消ということでww


・・・本年も当店をよろしくお願い致します m(_ _)m



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。