上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.28 route 53 Ⅱ
昨日の記事の続きです。
「道の駅 くめなん」を出発し、岡山市街目掛けて南下中、道路わきのカーショップにオールドBMWの名車を発見!

100528ax_convert_20100528085919.jpg

BMW 3.0CS:サーキットの狼世代ならたまらないであろうあの「初代CSL」のベースとなった、6シリーズの始祖的モデル。CSLとは、C:クーペ S:スポーツ L:ライトウエイトの意。

100528b_convert_20100528081315.jpg

2002ターボ:3シリーズの始祖。ポルシェ911ターボ(タイプ930)と同タイミングで発表された、世界初の市販向け量産ターボエンジン搭載車。
いわゆる「Mモデル」以前のエンスーBMWに加え、他の展示車も垂涎のラインナップが並びます。

100528c_convert_20100528081327.jpg

ジャガーEタイプ(シリーズ3):超ロングノーズ+ショートデッキの美しきブリティッシュクーペ。ため息モノの美しい外皮の内に、スムーズ極まる5.3V12エンジンを収める。

100528d_convert_20100528081338.jpg

フェラーリ512BBi:インジェクション仕様とはいえ、まごう事なき12気筒ミドシップの名車、BB(ベルリネッタ・ボクサー)。手前にはピッコロ(V8)の328GTB。奥には・・・

100528e_convert_20100528081351.jpg

あのディーノ246が3台・・・

唖然とするより他ない。

曰く付きのフェラーリ「製」カリスマ3連に、しばし絶句。

他にも、トライアンフTR-4やMGA等、ヒストリックカーが並ぶ中、最奥にはさらにショッキングなモンスターが・・・

100528f_convert_20100528081406.jpg

「おっ、930ターボ!」と思い、とりあえずパチリ。
しかし撮った後、強烈に残る違和感というか、えもいえぬ殺気をクルマから感じ、立ち止まってよくよく見てみると、在る筈の冷却ダクトがないリベット止めリアフェンダー、そして鼻先には「RUF(ルーフ)」の3文字が・・・

驚愕。

よもやの伝説「BTR」、鳴る程、そう来るかっ!!

100528g_convert_20100528081418.jpg

BTRという「タダのクルマ」を眼前にしただけで少し酔ったような感覚に陥り、外の空気を吸いに屋外展示場にでると、フツーのクルマの如く置かれているアストンDB7・・・
なんというトコロだ・・・と驚きなおすもつかの間、さらなる衝撃が待っていました。

詳細は明日!


Secret

TrackBackURL
→http://tssyamamoto.blog17.fc2.com/tb.php/418-0f3437ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。