上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日から7月ということで?久々にタイヤショップらしい記事をUPしてみようと思います(笑)

既にTVCMでも発表されていますが、ブリヂストンのエコロジーブランド「エコピア」に、新しいプロダクトがラインナップされました。
商品名は「エコピア EP100S」、エコ性能表記の最高ランクにあたる「AAA(トリプルA)」をクリアした、低燃費性能では国内市場でトップをマークするNEWエコタイヤです。
これまでエコプレミアムタイヤとして位置づけられていた「エコピア EP100」のリニューアル、といった製品で、サイズラインナップは2サイズ(185/65R15、195/65R15)と今のところ限られますが、今後拡大されることとなるでしょう。

EP100Sの登場で乗用車用エコピアは3ラインナップとなりましたが、気になる各々の転がり抵抗差を旧モデルである「BスタイルEX」対比で確認すると、
エコピアEX10(エコスタンダード):25%低減
エコピアEP100(エコプレミアム):30%低減
エコピアEP100S(フラッグシップ):39%低減
となっており、数字だけをみるといかにもスゥーっと滑走するようなドライブフィールが想像出来ますが、反面、「ホント(特に雨の日)大丈夫?」と心配になるのも事実・・・

しかしながら以前からスポーツタイヤだけでなく、「街乗りタイヤ」でのウェットグリップも定評のあるブリヂストン、テクノロジーとノウハウで安全性もしっかり確保しています。

カーボンを用いた「ナノプロ・テック」コンパウンドを「EP100」から継承、加えて「EX10」の技術であるタイヤ形状・重量の最適なチューニング、ふたつの相乗効果で燃費性能を突き詰め、相反するウェットグリップに関しては、コンパウンドに頼ることなく、タイヤ溝・ブロック形状の科学解析にてブレーキング(荷重移動)時に最大限の接地面積が得られるようなチューニングが施されており、環境性能・安全性能双方で比類のないバランスを1つの製品にしたタイヤであると私は認識しています。


10日から始まるセールにて、積極的にアピールできるタイヤが登場しました。

関心のあるお客様、お問い合わせお待ちしておりますっ!


Secret

TrackBackURL
→http://tssyamamoto.blog17.fc2.com/tb.php/431-bb08986a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。