上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


主に私用でバタバタしていると、いつの間にかカレンダーはお盆直前に・・・ f(^_^;)

こんな調子だと一瞬(半月後)でまたトシをとってしまうじゃないかぁ(汗)

・・・。



そんなことはドーデモいいんですが(笑)、とある常連様にスキーキャリアをご注文頂き、昨日入荷してまいりました。

メーカーは「キャリアといえばココ!」なスウェーデンの老舗であるTHULE(スーリー)社の製品で、今クルマに載っている純正キャリアへの適合が少し危ぶまれましたが、(お客様の手で)無事装着となったようです。

来るウインターシーズン、新しいクルマでもこれで心配ナシですね!


尚、当店は明日8/13~15日までの3日間、お盆休みをいただきます。

ご迷惑をおかけしますが、16日以降のご来店をこころよりお待ちいたしております m(_ _)m

2011.08.04 最新世代RFT
IMG_0485_convert_20110804140018.jpg

一見、フツーのタイヤに見えますが・・・・




サイドウォールには(判りにくいですが)RFTの刻印、ここのところ結構な早さで普及してきている「ランフラットタイヤ」が今朝入荷してきました。

ランフラットタイヤとは、パンクして空気圧が0kPaになってもタイヤがヘタることなく一定の距離を走行できる、というモノで、高速道路でのパンク事故に対する安全性や、殆どが未使用で廃棄されるスペアタイヤを未車載に出来ることがメリットとなり、世界中の自動車メーカーが次々に新車装着タイヤとして認証しています。

IMG_3500_convert_20110804135801.jpg

少し前までは各メーカーによって、いろいろなタイプのランフラットタイヤが存在しましたが、今ではサイドウォール(つまんでいるトコロ)を分厚くする手法を用いているメーカーが大半です。

サイドウォールを分厚くすることで、タイヤの重量増やクッション性の悪化を招いた初期のランフラットタイヤも、2010年あたりからのモデルは最新世代として熟成され、高級サルーン~高性能GTの足元に似つかわしい上質な乗り味となっているようです。

今回交換されるお客様も、これまで乗り心地の難を訴えておられ、非ランフラットのモデルでの履き変えも視野に入れておられましたが、安全性を考慮&技術的スペックUPを期待し、今回のタイヤチョイスとなりました。

明日交換にいらっしゃるようなので、道中お気をつけてご来店くださいませ。


2011.07.05 received rush


低燃費タイヤ「ecopia」シリーズから・・・

IMG_4094_convert_20110705125500.jpg

広告の品「ファイアストン」、最近なかなかお目にかかれない軽トラックのバイアスタイヤ(画像右、現代の一般的な「ラジアルタイヤ」と構造が異なる旧設計モデル)まで、週明けの昨日~今日にかけてご予約いただいたタイヤが次々に入荷してきました。

ブリヂストン製品が6月から値上がりになり、以降少し商品の動きも落ち着き按配でしたが、今月はSALE実施のおかげでいいスタートがきれた感があります。

暑い日が続く中でのロングディスタンスのSALEですので、息切れせぬよう心がけつつ、さらにたくさんのご来店をお待ちいたしております m(_ _)m



2011.06.30 next sunday


今週末から夏SALEが始まるわけですが、2日目の日曜日は既に作業予定を頂いております m(_ _)m

当店では初めて取り扱う車高調サスペンション、ファイナルコネクション ステルスダンパーを先日ご注文頂き、取り付けを予定しています。

IMG_2458_convert_20110630170142.jpg

定価設定は控えめなこのメーカーの車高調(ベーシックモデル:¥99.750~ 税込)ですが、構造は本格的で、上の画像のようにピロアッパー採用でキャンバー調整可能(車種により乗り心地重視のブッシュ設定有り)、ストラットサスのクルマは倒立単筒式を採用するなど、コストパフォーマンスは他メーカー顔負けのスペックとなっています。

しかもグレードアップバージョンでは、サーキット向け直巻きスプリングメーカーの雄「swiftスプリング」がセットになっていて、車高・減衰力に加えてバネレートの細かなセッティングが可能となります(ベーシックバージョンから基本¥30.000程up)。

これまで装着車に未試乗の為、乗り味に関してはまだ未知数ですが、HPの解説を見る限りではかなり期待の持てそうな足廻りのようですので、インプレッションが今から大変楽しみです。




以前からブログでいくつかバッテリーの紹介をさせて頂いていますが、今回は紹介させていただいた中でもハイスペックな新製品、BOSCH ハイテックシルバーⅡを紹介します。

BOSCHといえば、ドイツのクルマ用電装メーカーですが、バッテリーやワイパー等、日本車に対応した用品も数多くラインナップされており、中でも新製品のこのバッテリーは、技術大国ドイツの電装メーカーの名に恥じぬハイスペックな製品として仕上がっているようです。

シルバー合金製の伝導板であるファインメッシュグリッド等、新たな技術をふんだんに盛り込み、大電流を長期間継続して発生させる事が可能となったようで、オーディオの音質向上やエアコン使用時の他器具への影響の少なさ等、体感レベルでの性能向上が見込める商品で、メーカーの自信のあらわれか、保証期間は3年・距離数無制限(!)となっています。

通常当店で在庫しているメーカーのものより幾分お高い価格設定ですが、使って頂ける期間ないし安心を買っていただく、という意味合いでも大変オススメの商品となっております。

夏場は、バッテリーにもかなりストレスがかかるシーズンです。

電圧点検は毎日無料で行っておりますので、点検だけでもぜひお気軽にご来店ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。